トップページ > 会社案内

会社案内About us

化粧品製造・シリンジ充填サイトはこちら

会社概要About us

会社名 株式会社 日本プロックス
代表取締役 内海 茂典
(帝国データバンク会社役員知名人名鑑掲載)
所在地 大阪府八尾市志紀町1-133-1(本社)他倉庫2ヵ所
TEL.0729-49-5864(代)
FAX.0729-49-3657
資本金 10,000,000円
沿革 昭和63年5月個人創業、平成3年3月法人組織に改組
取引銀行 みずほ銀行・山本支店
主要取引先
  • アイカ工業(株)
  • 旭化成エレクトロニクス(株)
  • イーグル工業(株)KEMEL
  • (株)イケダコーポレーション
  • エフイートレード(株)
  • エレマテック(株)
  • 関西チューブ(株)
  • エビオス(株)
  • (株)キッタ
  • オーウェル(株)
  • 玄々化学工業(株)
  • (株)神戸製鋼所
  • 秀カンパニー(株)
  • 新日本エアゾール(株)
  • ジャスパック(株)
  • (株)パジコ
  • (株)スリーボンド
  • スリーボンドファインケミカル(株)
  • 太平化成(株)
  • スバル産業(株)
  • シャープ化学工業(株)
  • ターナー色彩(株)
  • 東レダウコーニングS(株)
  • (株)トーメンケミカル
  • (株)トパテック
  • (株)日本ベストパートナーズ
  • 日本ヘルメチックス(株)
  • 日本 板硝子D&Gシステム(株)
  • 日曹商事(株)
  • 西澤産業(株)
  • ファースト化工(株)
  • P&G ファー・イースト・インク
  • 富士高分子工業(株)
  • 福岡工業(株)
  • ヘンケルジャパン(株)
  • ホルベイン工業(株)
  • 松山機工(株)
  • 三菱マテリアル(株)
  • 御国色素(株)
  • 名神(株)
  • 横浜ゴム(株)
  • 横浜化成(株)
  • (50音順)
主製品割合 90%以上が一部上場企業様、業界トップ企業様製品
お問い合わせ・ご相談 お問い合わせフォームより24時間受付中です
お電話によるお問い合わせ:072-949-5864(平日9:00〜17:00)
ページトップへ戻る

代表ご挨拶Messages from us

最近頂くお名刺の部署名


 昨年から今年に掛けて上場A社様、O社様、S社様、K社様など、いずれも機能性樹脂に関するお仕事をさせて頂きました。

決して会社の規模を私共がどうこう考えるわけではないのですが、自動車会社が数十年前に、 今日の中国の大気汚染を見越してハイブリッドや電気自動車の開発に取り組んできたように大きな会社はその影響力も大きいため、
10年から20年先を見据えた取り組み、すなわち研究開発をされます。
私共は非力で一部しかお手伝いは出来ませんが、それに加わっている高揚感というか、楽しさがあります。

 最近頂くお名刺の部署名にも新事業開発部、先端材料開発研究所、高機能樹脂事業推進部、機能化学品グループなど、その兆候が表れています。日本の今置かれた状況を考えると新しい技術開発は、企業や国の死活問題であることは言うまでもありません。
 よく言われるようにアップルが急成長したのは、スマイルカーブで収益率の高い研究開発と販売のみに特化し、収益率の低い工場部門をホンハイの中国工場(フォクスコン)に特許で固めて外注、すなわちファブレス化(いわゆる工場の無い製造業)した結果だと言われています。
 テレビ、パソコン、携帯電話すべてが電卓化して、部品などはどこでも安価に入手できる時代で、それを組み立てるだけなので、人件費の安い国で簡単に出来るようになっています。それに気づかず?自習製造にこだわった日本の電気メーカーさんがどうなったかは言うまでもありません。
 韓国や中国も特許申請件数を爆発的に増やしています。高いお金を出して研究開発をしたものは、
特許で守るか、ひたすら守秘するかどちらかです。
 ファブレス化したアップルのようなところは特許で固めて守るしかありません。
それでもマネをした商品は出てくるので、さらに次世代商品の開発に追われます。

 私共の工場でも守秘契約を結ぶ場合が多く、工場内は一切立ち入りが出来ません。
伝票類もほとんどの紙に
confidential”の印が押され、予定表などのメールはパスワードが別に送られてきます。
 新しいことをするので、新しい設備や新しい機械の開発製造に否応なく巻き込まれます。日々勉強です。
他社より先に当社が新しい独自技術を開発し、その技術が他になければ探してでも当社に仕事を依頼して頂けます。
 人件費の安い国を探すにも限度があり、中国の例を見るまでもなく、いつまでも賃金が安いわけではありません。
技術開発、すなわち新しい技術には限りがありません。何かシェールガスのようなエネルギーと相まって新しい世界が広がっていくような、多くの人が明るい希望を持って生きていける世の中になってほしいと切に思います。
いや、今の大人がそういう世の中にしなければならないと思います。

 この5年で二十兆円も経常収支を減らし、もうすぐ赤字国家になる日本、残された時間を考えると悠長に構えている余裕はありません。



代表取締役 内海茂典
ページトップへ戻る
Copyright(C) 1995-2012 nihon procs All Rights Reserved.